スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアー選びとワーム選びとリグ選びと色選びについて!

~ルアーの種類~

*ハードルアー*

クランクベイト

・リップがついていて水の抵抗で泳がせて魚に見立てて喰わせる!
・深航深航は1~6メートルぐらいのものが多い。
・深度を考えて使わないと根がかりする。
・層毎に探れるものを持っておくといい。

・ボトムノック・・・底をつつきながら巻く。根がかりしたらラインをたるませる。ロッドをたたく。
・トップ・・・一気に引いて沈ませて浮いてくるのを待ってからまた引く

ミノー

・水面やトップで泳がせるルアー。
バスが水面や浅いところにいるときに使う。

・ジャーキング・・・ロッドを下に向けて弾く様に繰り替えす。水がきれいな時に有効。リズムを変えてやる。
・リッピング・・・ロッドをしたに向け一気に1Mぐらい引っ張りラインスラッグをとったらまた同じように引く。静・動のメリハリを作る。
・ステイ・・・サスペンドタイプ(水中で止まるタイプ)で水中で30秒から一分止める。水がきれいなところでする。

バイブレーション

・水の抵抗で震えさせて食わせる。
・バスの活性が高い時に使うルアー。

ペンシルベイト

・垂直に浮くタイプと斜めに浮くタイプと水平に浮くタイプがある。
雨等で湿度が高く虫が低く飛んでいるのでそれを狙う魚やそれを狙うバスが水面を意識している時に使う。

ポッパー

・口が大きく開いていて強く引くことでポコッと水面で音を出すルアー。

スウィッシャー

・プロペラがついていてアクションを加えてプロペラを回しアピールするタイプ。

ノイジー

・ノイジーの意味はうるさいという意味。
・大きな音を立てながらアピールする。
バスの資格が聞かない夜間の釣りでよく使う!

バズベイト

・派手な音を立てながらアピールするルアー
雨で水面がにごっている時に活躍するルアー
・水面ギリギリまで生えているウィードや立ち木の間や枝の隙間を泳がせる事が出来る。
・トレーラーフックをつけると食ってくるがかからない場合にいい感じ!

スピナーベイト

・アームが柔らかいほうがバイブが強い。
・スピナーベイトは引き方で全部の層をそ探れる便利なルアー
・ロッドを立てて表層、寝かせて中層、しばらくほっといてフォールさせてからまけば深層、着水後にゆっくりまけばボトムかつかつを攻めれる。
・フォーリング・・・シングルコロラドタイプをフォーリングさせるだけで結構食ったりする。アシ際や橋脚と言った際狙いがいい。
・リフトアンドフォール・・・フォール後しゃくって泳がせて落とすを繰り返すまき方。
・リアクションバイト・・・巻き取って急に止めるを繰り返す。
・バジング・・・バズベイトのように水面を引く。

スピナー

スピナーを使う人が少ないのでただまきで充分つれる。

*ソフトルアー*

ストレートワーム

・基本はワッキー系で探る。

スライダー

パドルテール

グラブ

・ノーシンカーかスプリットのただ引きで探りにはぴったり!

カーリーテール

・ラバージグのトレーラーとして使える。
・スキッピングしやすいのでハードカバーの下を探りやすい。

チューブワーム

・テキサスかフロリダが有効。

クローワーム

・テキサスやジグヘッドでボトムを攻めるのに使う。
・底に着いたときに一番アピールする?
・水質のいい水でウィードの隙間にフロリダで投げるといい感じ。

*リグの種類*

ノーシンカーリグ

飛びにくい代わりにワーム本来の動きが出来てゆっくり探れる。

ワッキーリグ

ワームの中間に刺してミミズのような動きがいい感じ。
先端にネイルを入れたネコリグとかが有名。

ダウンショットリグ

狙った層で止めれるのが強みなリグ。
一回ハマレバばくちょう!?

テキサスリグ

不規則な動きがいい。
基本的にボトム狙い

フロリダリグ

根がかりしにくいのでアシ狙いに有効。
エアークローと抜群の組み合わせ。
ドンキ­ーコングJr.釣法等の釣り方あり。

キャロライナリグ

同じ層で自然な動きを出せるのが強み。
ちょっとつけるのが面倒。

~色選び~

・基本的に季節+天気+水の色で決める

・春は鉄板で赤!以外はワカサギの色!

・秋は鮎カラー

・晴れの時は暗めの色でシルエットを見切られないようにする。

・曇りの時は目立つ色がいい

・水がクリアな時はナチュラルカラーでギルカラーとかが吉

・にごってる時は目立つ色がいい。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。